2006年10月03日

"水の芸術"シリーズ2(表参道ヒルズ)@表参道

20061003i〓webj.JPG


************************************************
■水アート:表参道ヒルズのガラスのオブジェ
■場 所 :表参道ヒルズ
************************************************

街で偶然見かけた水のアート・オブジェを紹介する"水の芸術"シリーズ第2弾。

今日は「旧同潤会青山アパート跡」を再開発した「表参道ヒルズ」にて見かけた水の芸術を紹介しよう。

都心の新たなランドマークとして加わった「表参道ヒルズ」。
建築家・安藤忠雄さんが設計した地上6階、地下6階の建物は如何にも「アーバン」という雰囲気が漲っている。

この表参道ヒルズ建物沿いには小さな水路が造られ、その水の出所には美しいガラスのオブジェが。
塩素の臭いが若干気になるが、ガラスから水が湧き出て、癒しの空間を作り出している。
更には館内でも「水の音」が流されていたりと、どうやら建築のコンセプトの一つに「水」があるに違いない。


posted by 和田 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | オブジェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。